このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:92回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
経済衰退の歴史学 : イギリス衰退論争の諸相
ケイザイ スイタイ ノ レキシガク : イギリス スイタイ ロンソウ ノ ショソウ

責任表示 R・イングリッシュ, M・ケニー編著 ; 川北稔訳
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2008.7
本文言語 日本語
大きさ xxi, 421, 37p ; 22cm
概要 イギリスは衰退したのか?イメージとしての衰退と実際の経済発展とのギャップは何故生じたのか?ジェントルマン資本主義、帝国の終焉、グローバリゼイション、教育、文化など、さまざまな切り口から気鋭の研究者・ジャーナリストがイギリス衰退論争について語る。サッチャーの改革、ブレアの「第三の道」が持つ意味について、大きな示唆を与える一冊である。
目次 第1部 イギリスの衰退とは何か(イギリス衰退論の諸相
経済衰退を生んだジェントルマン文化—「文化的批判」のマーティン・ウィーナー
逃したチャンス/教養主義と帝国の弊害—軍事史家コレリ・バーネット
シティの短期主義に毒された三流国—反サッチャー主義の論客ウィル・ハットン
開発を推進しない国家—親ヨーロッパ派の論客デイヴィド・マーカンド
衰退論は世紀末の集団幻想である—偶然史観の歴史家ジョナサン・クラーク)
第2部 衰退論の分析(党派イデオロギーと国民の衰退
相対的衰退への制度的アプローチ
イギリスの衰退とヨーロッパ統合
グローバリゼイションとイギリスの衰退
帝国の終焉
結論—実体なのか、言説なのか)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 003112008017603 332.33/E 61 2008

中央図 3B 017112008004781 332.33/E 61/20080478 2008

理系図1F 開架 058112008076198 332.33/E 61 2008

書誌詳細

別書名 原タイトル:Rethinking British decline
一般注記 文献案内: 巻末p33-37
著者標目 English, Richard
Kenny, Michael
川北, 稔(1940-) <カワキタ, ミノル>
件 名 BSH:イギリス -- 経済 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:イギリス -- 政治 -- 歴史 -- 20世紀  全ての件名で検索
分 類 NDC8:332.33
NDC9:332.33
書誌ID 1001353655
ISBN 9784623051717
NCID BA8646029X
巻冊次 ISBN:9784623051717 ; PRICE:6000円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています