このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:13回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
マックス・ヴェーバーの犯罪 : 『倫理』論文における資料操作の詐術と「知的誠実性」の崩壊
マックス ヴェーバー ノ ハンザイ : リンリ ロンブン ニオケル シリョウ ソウサ ノ サジュツ ト チテキ セイジツセイ ノ ホウカイ

責任表示 羽入辰郎著
シリーズ Minerva人文・社会科学叢書 ; 70
データ種別 図書
初版第7刷
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2008.4
本文言語 日本語
大きさ x, 304, 10p ; 22cm

所蔵情報


法 研究室 015112008024552 Zj 00/H/86 2008

書誌詳細

別書名 原タイトル:Quellenbehandlung Max Webers in der 'Protestantischen Ethik'
一般注記 ドイツ語による博士論文 (東京大学, 1995年3月) を翻訳・改訂増補したもの
第7刷への補注: p282-285
文献目録: p293-304
人名索引・事項索引: 後付p1-10
著者標目 羽入, 辰郎(1953-) <ハニュウ, タツロウ>
件 名 BSH:Weber, Max
BSH:プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
分 類 NDC8:331.5
NDC9:331.5
NDLC:DA23
書誌ID 1001350854
ISBN 9784623035656
NCID BA87302385
巻冊次 ISBN:9784623035656 ; PRICE:4200円+税 ; XISBN:4623035654
NBN JP20329265
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料