このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:17回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
性差の人間科学
セイサ ノ ニンゲン カガク

責任表示 山内兄人著
データ種別 図書
出版者 東京 : コロナ社
出版年 2008.9
本文言語 日本語
大きさ x, 269p : 挿図 ; 20cm
概要 からだと脳には性差がある。それは男女の生殖機能の違いによるものであり、人間の行動や社会生活の中にさまざまな形で現れる。本書はからだ、脳、こころ、行動、病気、さらに衣食住における性差について考えるための入門書である。
目次 序章 男と女のかたちと大きさ
1章 性差の原点—生殖系
2章 脳と脊髄の性差
3章 性差形成—性分化
4章 からだと病の性差
5章 こころと行動
6章 衣食住の性差

所蔵情報


芸工2階 013112008016526 491.35/Y39 2008

書誌詳細

一般注記 引用文献: 章末
参考文献: p258-261
著者標目 山内, 兄人 <ヤマノウチ, コレヒト>
件 名 BSH:
BSH:
BSH:性差(心理学)
分 類 NDC8:491.35
NDC9:491.35
書誌ID 1001350074
ISBN 9784339077896
NCID BA87075476
巻冊次 ISBN:9784339077896 ; PRICE:2600円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています