このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:12回

  • 貸出数:23回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
日本の美意識
ニホン ノ ビイシキ

責任表示 宮元健次著
シリーズ 光文社新書 ; 342
データ種別 図書
出版者 東京 : 光文社
出版年 2008.3
本文言語 日本語
大きさ 230p ; 18cm
概要 人間は「生」を得た瞬間から「死」という「滅び」に向かって生きている。そうであるからこそ「生」を尊ぶという考え方が日本の美をつくってきた。日本の美意識の基層をなし、自然に美を見いだした「優美」。演技を七分にとどめ、完全に演じ切らないことを説いた世阿弥の「幽玄」。慢心する秀吉を戒め、侘びることを説いた利休の「侘び」。旅の途中で寂びつくして命つきることを願った芭蕉の「さび」。西欧文化の影響が背景にある「...れい」。そして、二一世紀に世界を席巻する「かわいい」とは—。日本の美の潮流を俯瞰し、心のふるさとに耳をすます。続きを見る
目次 序章 旅と他界
第1章 優美
第2章 幽玄
第3章 侘び・さび
第4章 きれい
終章 美意識の近代

所蔵情報


芸工新書 2階 013112008001931 702/Mi77 2008

書誌詳細

一般注記 参考文献: p229-230
著者標目 宮元, 健次(1962-) <ミヤモト, ケンジ>
件 名 BSH:日本
NDLSH:日本 -- 文化  全ての件名で検索
NDLSH:芸術(日本)
分 類 NDC8:361.5
NDC9:361.5
NDC9:702.1
書誌ID 1001348550
ISBN 9784334034450
NCID BA85479758
巻冊次 ISBN:9784334034450 ; PRICE:780円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています