このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:7回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
真の包括的な言語の科学 = The true and comprehensive science of language
シン ノ ホウカツテキナ ゲンゴ ノ カガク

責任表示 土屋俊著
シリーズ 土屋俊言語哲学コレクション ; 1
データ種別 図書
出版者 東京 : くろしお出版
出版年 2008.12
本文言語 日本語
大きさ xiii, 415p : 挿図 ; 22cm
概要 哲学から情報化社会に参画し続けた著者が、一貫して関心を抱き続ける言語という謎。第1巻では、言語学が人文科学の中心的学問として発展する20世紀後半の状況の中で、生成文法・言語哲学の2大ドグマを批判しつつ、論理的(思弁的)文法記述の可能性を日本語をもとに論ずる。さらに、「文」概念の根源的批判から、著者の言語観は独自の領域に踏み入る。
目次 1 日本語の意味論をもとめて(「が」は「格」助詞か
いくつの「ガ」があるか ほか)
2 論理学的意味論とその応用(どうやって意味をとらえるか
なぜ意味論はいまおもしろいか ほか)
3 真の包括的な言語の科学への道(近代言語学の歴史
人間に関するチョムスキーの誤解 ほか)
4 現代日本の言語学(松村一登氏への質問状
土屋俊氏の批判に答える ほか)

所蔵情報


理系図2F 開架 058112009028503 801.01/Ts 32


言文 英語 058112008079310 801.01/Ts 32 2008

書誌詳細

著者標目 土屋, 俊(1952-) <ツチヤ, シュン>
件 名 BSH:言語学
分 類 NDC9:081.6
書誌ID 1001347184
ISBN 9784874244333
NCID BA88308332
巻冊次 ISBN:9784874244333 ; PRICE:3800円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています