このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:11回

  • 貸出数:2回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
「数」の日本史 : われわれは数とどう付き合ってきたか
カズ ノ ニホンシ : ワレワレ ワ カズ ト ドウ ツキアッテ キタカ

責任表示 伊達宗行著
シリーズ 日経ビジネス人文庫 ; た7-1
データ種別 図書
出版者 東京 : 日本経済新聞出版社
出版年 2007.6
本文言語 日本語
大きさ 334p ; 15cm
概要 「ひい、ふう、みい」はいつ頃から「いち、に、さん」に変わったのか?九九が日本人の常識になった時期は?縄文から現代まで日本の数文化を形作ってきた様々な場面を、独自の視点から明快に読み解いた、知的冒険の書。
目次 第1章 古代の数詞
第2章 大陸数文化の興隆
第3章 漢数字、数文化の到来
第4章 平安、中世の数世界
第5章 数文化興隆の江戸時代
第6章 和算—世界に並んだ科学
第7章 洋算—その受容と現代社会

所蔵情報


筑紫図 文庫・新書 067112007004118 410.21/D 44/文庫 2007

書誌詳細

一般注記 参考文献:p331-334
2002年6月日本経済新聞社刊『「数」の日本史』に修正を加えたもの。
著者標目 伊達, 宗行(1929-) <ダテ, ムネユキ>
件 名 BSH:数学-歴史
分 類 NDC8:410.21
NDC9:410.21
書誌ID 1001341819
ISBN 9784532194000
NCID BA8207521X
巻冊次 ISBN:9784532194000 ; PRICE:857円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています