このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:6回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
カウンターから日本が見える : 板前文化論の冒険
カウンター カラ ニホン ガ ミエル : イタマエ ブンカロン ノ ボウケン

責任表示 伊藤洋一著
シリーズ 新潮新書 ; 183
データ種別 図書
出版者 東京 : 新潮社
出版年 2006.9
本文言語 日本語
大きさ 190p : 挿図 ; 18cm
概要 座敷もテーブルもいい。しかし和食の醍醐味はなんと言っても“カウンター”だ。職人である板前さんが目の前にいる世界、そして一流の料理人の手捌きを見ながら食事ができる楽しみ。それは誰がいつ、何故始めたのか?その時の社会と経済は?日本にしかないのは何故?これらの疑問をまじめに追究。見えてきたのは「斬新なアイデア」であり、「大切にすべき日本文化の一つの形」だった。ひと味違った料理文化の本です。
目次 板をはさんだ日本的空間
第1章 それは色街でスタートした
第2章 震災後の発展する東京へ
第3章 関西による「関東征服」
第4章 日本にしかないのはなぜか
第5章 カウンターその抗しがたい魅力
第6章 日本の力の源泉が見える

所蔵情報


理系図1F 文庫・新書 031112006000507 新潮新書//183 2006

書誌詳細

著者標目 伊藤, 洋一(1950-) <イトウ, ヨウイチ>
件 名 BSH:飲食店
BSH:料理(日本)
分 類 NDC8:383.8
NDC9:383.81
書誌ID 1001327390
ISBN 4106101831
NCID BA78346550
巻冊次 ISBN:4106101831 ; PRICE:680円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています