このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:12回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
日本レコード文化史
ニホン レコード ブンカシ

責任表示 倉田喜弘著
シリーズ 岩波現代文庫 ; 社会 ; 142
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2006.10
本文言語 日本語
大きさ x, 318, 18p : 挿図 ; 15cm
概要 レコードから見た日本近代史。明治期「蘇音器」と訳されたフォノグラフの導入から始まり、国産蓄音機の開発、大正から昭和にかけてのレコード業界の高成長と各社間の抗争、ヒット曲の誕生とマスセールスの成立、戦時期の検閲の強化と愛国歌謡の募集、戦後のレコード業界の再建の様子が描かれる。LP、CDの登場、オーディオ機器の革新、音楽のネット配信なども詳述。
目次 1 近代を告げる音
2 国産化の道
3 視界ゼロ時代
4 対立と抗争
5 音の大衆化
6 破局への道
7 音の追求

所蔵情報


理系図2F 文庫新書 058112009002623 現代文庫 2006

芸工文庫 3階 013112006011485 760/Ku56 2006

書誌詳細

一般注記 1979年3月東京書籍より単行本として,1992年6月東書選書として刊行され,東書選書版を底本とした
年表: p290-318
著者標目 *倉田, 喜弘(1931-) <クラタ, ヨシヒロ>
件 名 BSH:レコード -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:再生装置 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:760.9
NDC9:760.9
書誌ID 1001321766
ISBN 4006031424
NCID BA78825622
巻冊次 ISBN:4006031424 ; PRICE:1100円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています