このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:32回

  • 貸出数:14回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
20世紀日本と東アジアの形成 : 1867〜2006
20セイキ ニホン ト ヒガシアジア ノ ケイセイ : 1867 2006

責任表示 伊藤之雄, 川田稔編著
シリーズ Minerva人文・社会科学叢書 ; 120
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2007.5
本文言語 日本語
大きさ xviii, 310, 10p : 挿図 ; 22cm
概要 なぜ、東アジアにおいては、いつまでも相互不信が渦巻いているのか—。そもそも東アジアには、歴史に深く根ざしたアジア連帯の意識はなかった。19世紀後半に列強が本格的に進出してきた中で、日・中・韓の人々は、東アジアという認識を外から与えられ、また列強の価値観を意識することにより、東アジアを自覚するようになった。20世紀前半の日本は、観念的なアジア連帯論と普遍主義の間で揺れ動き、隣国から疑惑の目で見られ、...遍主義を掲げる列強の警戒感を呼び起こした。21世紀の国際社会の中で、はたして日本と東アジアは安定した未来を築くことができるか。続きを見る
目次 第1部 明治国家の形成と東アジア秩序の模索(東アジアの形成と明治天皇—国際秩序の安定化
明治後期の国制改革—明治四〇年体制と有賀長雄)
第2部 第一次世界大戦後の東アジア秩序の模索(ワシントン体制と国際連盟・集団安全保障—日・米・英の政策展開を中心として
米国と東アジア—一九二〇年代の国際秩序の模索
英国と東アジア—一九二〇年代の東アジア政策の展開を中心に
政党政治と満州事変—ワシントン体制の挫折)
第3部 第一次世界大戦後の東アジア秩序の構想(第一次世界大戦後の日本の構想—日本におけるウィルソン主義の受容
戦間期陸軍の構想—永田鉄山を中心に
日本の汎アジア主義に対する米英の反応—一九〇四〜一九三七年)
第4部 第二次世界大戦後の東アジア秩序の模索と日本(日本の防衛政策と日米安保体制の歴史的展開—深化する同盟と日本防衛政策の諸課題
韓国におけるイデオロギーと日韓関係—韓国における「民主化」の意味をめぐる葛藤
アジア主義の呪縛?—二〇世紀日本外交におけるアメリカとアジア)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 003112007009062 319.102/I 89 2007

中央図 4B 058112007047160 319.102/I 89 2007

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:20世紀日本と東アジアの形成 : 1867-2006
異なりアクセスタイトル:20世紀日本と東アジアの形成 : 1867〜2006
著者標目 伊藤, 之雄(1952-) <イトウ, ユキオ>
川田, 稔(1947-) <カワダ, ミノル>
件 名 BSH:日本 -- 対外関係 -- アジア(東部) -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 外国関係 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
NDLSH:アジア(東部) -- 外国関係 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:319.102
NDC9:319.102
NDC9:319.1
NDC9:319.2
NDLC:A99-Z
書誌ID 1001320182
ISBN 9784623048427
NCID BA81940050
巻冊次 ISBN:9784623048427 ; PRICE:5500円+税
NBN JP21240497
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています