このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:12回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
あの日、あの味 : 「食の記憶」でたどる昭和史
アノ ヒ アノ アジ : ショク ノ キオク デ タドル ショウワシ

責任表示 月刊『望星』編集部編
データ種別 図書
出版者 東京 : 東海教育研究所
出版者 秦野 : 東海大学出版会 (発売)
出版年 2007.3
本文言語 日本語
大きさ 286p ; 19cm
概要 過ぎた「昭和」のあの時代、私たちは何を食べていたのだろうか。あの日、あのときの「味の記憶」は、暮らしの記憶までよみがえらせる。食べることは生きること...。この本を読めば、昭和という時代の姿と、あなた自身の「人生の歩み」が見えてくる。
目次 「食うこと」が大変な時代があった—戦前・戦中の記憶から(昭和元年〜20年)(ツンと鼻をつく刺激臭(井出孫六(作家))
塩鮭と糟汁(常盤新平(作家)) ほか)
復興を支えたそれぞれの食事情—敗戦後の困難の中で(昭和20年〜30年)(黄色い夏ミカン(白井佳夫(映画評論家))
運命のおでん(やなせたかし(漫画家)) ほか)
「生活」が変わったあの時期に...—高度経済成長前後を挟んで(昭和30年〜40年)(卵とマーガリンの頃(村田喜代子(作家))
パンにバター(赤瀬川原平(作家)) ほか)
豊かな国の「表」と「裏」で—「食うには困らぬ時代」だったが(昭和40年〜64年)(池袋の原宿ドッグ(泉麻人(コラムニスト))
はじめはフランスパン(高橋洋子(女優・作家)) ほか)
忘れられない“異文化の味”—食の世界の広がりを知って(サゴ椰子の味(大石芳野(写真家))
カイバル峠の羊肉バーベキュー(吉田ルイ子(フォットジャーナリスト)) ほか)

所蔵情報


中央図 4A 003112007009745 383.81/G 32 2007

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:あの日あの味 : 食の記憶でたどる昭和史
著者標目 月刊『望星』編集部 <ゲッカン ボウセイ ヘンシュウブ>
件 名 BSH:食生活 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:料理
分 類 NDC8:383.8
NDC9:383.81
書誌ID 1001318432
ISBN 9784486031932
NCID BA81655258
巻冊次 ISBN:9784486031932
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています