このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:516回

  • 貸出数:56回
    (1年以内の貸出数:6回)

<図書>
臨床実践のための質的研究法入門
リンショウ ジッセン ノ タメ ノ シツテキ ケンキュウホウ ニュウモン

責任表示 ジョン・マクレオッド著 ; 谷口明子, 原田杏子訳
シリーズ 臨床心理学レクチャー
データ種別 図書
出版者 東京 : 金剛出版
出版年 2007.3
本文言語 日本語
大きさ 295p : 挿図 ; 21cm
概要 本書は、臨床実践に有益な研究方法論である質的研究法を誰にでもわかりやすく解き明かしたものです。カウンセリングや心理療法における質的研究に用いられてきた方法の紹介、実際例の要約、そして問題点や論点の概観などを通し、質的研究の代名詞ともなっているグラウンデッド・セオリー・アプローチをはじめ、テキスト解釈や現象学的アプローチ、エスノグラフ、会話分析など多くの研究方法を章立てて論じ、実際に質的研究を行なう...のポイントを詳説しています。これから質的研究法を実際進めてみたいという研究者や臨床家に最適な1冊となっています。続きを見る
目次 第1章 質的研究と心理療法の再構成
第2章 テクスト解釈学の活用
第3章 現象学的アプローチ
第4章 質的研究法の中核としてのテクスト解釈学と現象学
第5章 エスノグラフィック・アプローチ
第6章 グラウンデッド・セオリー
第7章 会話、談話、ナラティヴの分析
第8章 “ブリコラージュ”としての質的研究
第9章 質的研究の方法:包括的な観点
第10章 効果研究における質的研究の役割
第11章 質的研究の利用に関する批判的諸問題
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 028112009512515 146.8/Ma 21 2007

中央図 3C_3‐39 [教育(人環)] 007112007001894 教育/13.73B/381 2007

中央図 3C_3‐39 [教育(人環)] 007112007004585 教育/13.91B/62 2007

書誌詳細

別書名 原タイトル:Qualitative research in counselling and psychotherapy
一般注記 文献: p269-290
監修: 下山晴彦
著者標目 McLeod, John, 1951-
谷口, 明子 <タニグチ, アキコ>
原田, 杏子 <ハラダ, キョウコ>
下山, 晴彦(1957-) <シモヤマ, ハルヒコ>
件 名 BSH:カウンセリング
BSH:心理療法
NDLSH:臨床心理学 -- 方法論  全ての件名で検索
分 類 NDC8:146.8
NDC9:146.8
NDC9:146.07
NDLC:SB231
書誌ID 1001318212
ISBN 9784772409575
NCID BA81555162
巻冊次 ISBN:9784772409575 ; PRICE:3800円+税
NBN JP21218368
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています