このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:11回

  • 貸出数:2回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
経済発展と産地・市場・制度 : 明治期絹織物業の進化とダイナミズム
ケイザイ ハッテン ト サンチ シジョウ セイド : メイジキ キヌオリモノギョウ ノ シンカ ト ダイナミズム

責任表示 橋野知子著
シリーズ Minerva人文・社会科学叢書 ; 119
データ種別 図書
出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2007.2
本文言語 日本語
大きさ iv, 234p : 挿図 ; 22cm
概要 現在、日本製造業の競争力の源泉として認識され、あるいは模索されていることの一つは、高付加価値製品を多品種少量生産するシステムである。かつて日本でそのような動向が存在したのであれば、その実体を明らかにし、歴史的な経験から何らかの含意を引き出すことは、喫緊の課題であると言えよう。本書は、群馬県桐生の絹織物と福井県羽二重を対象に、近代日本の絹織物業が経済発展の過程において直面した二つの問題、すなわち新市...との接触と新技術の導入という変化への対応として設計された制度と形成されていく産地をマクロ・ミクロの両視点から実証的に明らかにする。このプロセスのなかに、近代日本における産業発展の一つの型が見出される。続きを見る
目次 序章 分析の視角
第1章 製品からみた明治期絹織物業の地理的分布の変化—定性的資料の再検討による府県別観察を中心に
第2章 福井県における輸出向絹織物業の勃興と成長—工業生産と「社」の機能
第3章 輸出向絹織物業における粗製濫造問題の実態—「領事報告」と羽二重産地の制度的・組織的対応
第4章 内地向織物業における明治期粗製濫造問題の実態—新技術の導入と学校・共進会・市場
第5章 織物産地の発展における工業学校の役割—染織関連学科卒業生の進路と特徴
第6章 桐生産地における生産組織の変化と技術選択—力織機化と工場化との関係再考
終章 結論と展望

所蔵情報


中央図 自動書庫 017112006505161 586.42/H 38/20060516 2007

理系図2F 開架 003112009002778 586.42/H 38 2007

書誌詳細

別書名 その他のタイトル:Economic development, industrial districts, markets and institutions : the evolution and dynamics in the silk-weaving industry in Meiji period
異なりアクセスタイトル:経済発展と産地市場制度 : 明治期絹織物業の進化とダイナミズム
一般注記 英語のタイトルは標題紙裏による
博士学位請求論文(一橋大学経済学研究科, 2002年提出)に大幅に加筆・修正を加えたもの
参考文献: p211-220
著者標目 *橋野, 知子(1968-) <ハシノ, トモコ>
件 名 BSH:絹織物 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:586.421
NDC9:586.421
書誌ID 1001308306
ISBN 9784623047642
NCID BA8081528X
巻冊次 ISBN:9784623047642 ; PRICE:4300円
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています