このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:30回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
近世の日本と朝鮮
キンセイ ノ ニホン ト チョウセン

責任表示 三宅英利 [著]
シリーズ 講談社学術文庫 ; [1751]
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2006.2
本文言語 日本語
大きさ 293p : 挿図, 地図 ; 15cm
概要 二千年に及ぶ日本と朝鮮との交流の中で、江戸時代に両国の平和がもっとも保たれ、友好的たり得たのはなぜか。文禄・慶長の役で断たれた日朝関係修復交渉の基本に、家康がおいた「和好」の精神、国交再開後十二回も来朝した朝鮮通信使、銀の路の核をなした対島藩の倭館貿易...。東アジアの国際関係を視野に入れつつ、鎖国下の日朝関係を捉え直す。
目次 第1章 東アジア社会への復帰(国際化をはかる徳川家康
朝鮮王朝との国交回復 ほか)
第2章 朝鮮通信使(通信使の成立と内容
中世(朝鮮王朝前期)の通信史 ほか)
第3章 銀の路—対馬藩の倭館貿易(藩運をかけた倭館の再開
対馬藩による国内販売ルート ほか)
第4章 日本における朝鮮観(朝鮮観の源流
朝鮮観の発展 ほか)
第5章 朝鮮官民の日本観(日本観における三つのグループ
廟堂官人の日本観 ほか)

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 058112005063488 学術文庫 2006

書誌詳細

別書名 原タイトル:近世アジアの日本と朝鮮半島
一般注記 「近世アジアの日本と朝鮮半島」(朝日新聞社 1993年刊)の改題文庫化
参考文献: p286-290
著者標目 三宅, 英利(1925-) <ミヤケ, ヒデトシ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 江戸時代  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 対外関係 -- 朝鮮 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 外国関係 -- 朝鮮 -- 歴史 -- 江戸時代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.5
NDC9:210.5
NDLC:GB381
書誌ID 1001308045
ISBN 4061597515
NCID BA75543894
巻冊次 ISBN:4061597515 ; PRICE:1100円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています