このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:24回
    (1年以内の貸出数:5回)

<図書>
数学まなびはじめ
スウガク マナビ ハジメ

責任表示 数学のたのしみ編集部編
データ種別 図書
出版者 東京 : 日本評論社
出版年 2006.2
本文言語 日本語
大きさ 2冊 ; 19cm
概要 『数学のたのしみ』(上野健爾・志賀浩二・砂田利一/編集)では、創刊以来、「数学まなびはじめ」という欄を設け、毎号、1人の数学者に数学者への道のりを語ってもらった。今回、この「数学まなびはじめ」の記事を2冊の単行本として刊行することになった。なお、本書には『数学のたのしみ』第1号から第16号までの記事を掲載順に収録した。
『数学のたのしみ』(上野健爾・志賀浩二・砂田利一/編集)では、創刊以来、「数学ま...びはじめ」という欄を設け、毎号、1人の数学者に数学者への道のりを語ってもらった。今回、この「数学まなびはじめ」の記事を2冊の単行本として刊行することになった。なお、本書には『数学のたのしみ』第17号から第30号までの記事を掲載順に収録した。続きを見る
目次 特異点論事始め
数学との出会い
私の数学
数学は楽しいか
私の修業時代
径路空間上の解析にたどり着くまで
解析学の旅
いつまでもまなびはじめ
小学校から大学卒業まで
私の数学学び始め
数学の勉強から研究へ
数学との出合い
トポロジーと私の青春時代
若い頃の思い出
数学の研究を始めたころ
12個の玉
小学校時代から大学時代まで
人見知りの数学入門
数学まなびはじめ
幸運にめぐまれて数学者に
生涯一教師
数学・ゆらぎの細道
小学生時代から渡米まで
これからがまなびはじめ
遠回りしつつ
自分の数学を見つけるまで
人生の意味を探して
きっかけはいろんなことを
問題を解くより予想を
続きを見る

所蔵情報

第1集 理系図1F 開架 003112007022400 410.21/Su 23 2006
第2集 理系図1F 開架 003112007022374 410.21/Su 23 2006

書誌詳細

一般注記 第1集の著者: 福田拓生ほか, 第2集の著者: 原田耕一郎ほか
著者標目 数学のたのしみ編集部 <スウガク ノ タノシミ ヘンシュウブ>
日本評論社 <ニホン ヒョウロンシャ>
件 名 BSH:数学者
分 類 NDC8:410.21
NDC9:410.21
書誌ID 1001307412
ISBN 4535785155
NCID BA75379906
巻冊次 第1集 ; ISBN:4535785155 ; PRICE:2200円+税
第2集 ; ISBN:4535785163 ; PRICE:2200円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています