このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:246回

  • 貸出数:62回
    (1年以内の貸出数:9回)

<図書>
哲学思考トレーニング
テツガク シコウ トレーニング

責任表示 伊勢田哲治著
シリーズ ちくま新書 ; 545
データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2005.7
本文言語 日本語
大きさ 267p : 挿図 ; 18cm
概要 テツガクなんて小難しいだけで、日常の現場では何の役にも立たないのでは?否、それは工夫しだいで思考のスキルアップに直結するものだ。本書では、分析哲学、科学哲学、懐疑主義、論理学、倫理学などの思考ツールを縦横無尽に使いこなす術を完全伝授!もっともらしい屁理屈や権威にだまされず、かといって不毛な疑いの泥沼に陥ることもなく、一歩ずつ筋道を立てて考え抜くコツが身につく。すぐにも応用可能なノウハウを習得しなが...、哲学的思考の真髄も味わうことのできる、一粒で二倍おいしい知の道具箱。続きを見る
目次 第1章 上手に疑うための第一歩—日常会話のクリティカルシンキング(まずは疑う習慣から
議論とは何か
議論の特定の手法
行間を読んで議論を再構成する)
第2章 「科学」だってこわくない—科学と疑似科学のクリティカルシンキング(「科学的事実」の持つ権威
今西進化論の事例 ほか)
第3章 疑いの泥沼からどう抜け出すか—哲学的懐疑主義と文脈主義(デカルトの方法的懐疑
方法的懐疑の破壊力
論理的展開
文脈主義の考え方)
第4章 「価値観の壁」をどう乗り越えるか—価値主張のクリティカルシンキング(価値主張
「生きる意味」の事例 ほか)
第5章 みんなで考えあう技術—不確実性と合意のクリティカルシンキング(地球温暖化をめぐる論争
不確実な状況における推論の問題
立場の違いに起因する問題
クリティカルシンキングの倫理性)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 003112006002344 104/I 69 2005

理系図1F 開架 058112006026657 104/I 69 2005

比文 文化動態 058112006020211 104/I 69 2005

書誌詳細

一般注記 これからのための文献案内: p245-261
著者標目 伊勢田, 哲治(1968-) <イセダ, テツジ>
件 名 BSH:哲学
BSH:思考
BSH:論理学
分 類 NDC8:104
NDC9:104
NDC9:116
書誌ID 1001295594
ISBN 4480062459
NCID BA72494318
巻冊次 ISBN:4480062459 ; PRICE:780円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています