このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:2回

  • 貸出数:7回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
漱石と子規の漢詩 : 対比の視点から
ソウセキ ト シキ ノ カンシ : タイヒ ノ シテン カラ

責任表示 徐前著
データ種別 図書
出版者 東京 : 明治書院
出版年 2005.9
本文言語 日本語
大きさ ix, 245p ; 22cm
概要 近代日本文学の揺藍期に大きな足跡を印した、夏目漱石と正岡子規は、「漢詩文」を媒介にしてまことに奇すしき縁の糸に結ばれていた。本書では、漱石・子規の漢詩文の素養は両者の文学営為の「原点」であり、漱石の小説、子規の俳句、の重要な構成部分を為すもの、として、新しい見方を提出している。
目次 第1章 漱石と子規の漢詩の成立をめぐって(漱石詩と子規詩の誕生の背景と環境について
漱石詩と子規詩の成立について
漢詩を作る漱石と子規の立場)
第2章 漱石と子規の漢詩における内容上の諸問題をめぐって(老荘思想からの受容について—用語・詩趣・詩境を中心に
田園詩人陶淵明の作品との関わりについて—摂取の方法と技巧を中心に
二首の「鴻臺」詩—出会う前の作品)
第3章 漱石と子規の漢詩応酬による交遊をめぐって(漢詩の応酬について
和韻の唱和—旅先を詠じる二作品を中心に
漱石と子規にとっての松山—漢詩を中心として)
第4章 漱石と子規の漢詩と彼らの文芸をめぐって(漱石の漢詩と小説との関わりについて
子規の漢詩とその俳句・短歌との関わりについて)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 003112005014018 919.6/J 56 2005

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:漢詩人としての漱石と子規について : 比較的視点から
一般注記 博士論文 「漢詩人としての漱石と子規について : 比較的視点から」 (二松學舍大学, 2002年授与) を基としたもの
布装
参考文献: p240-243
著者標目 徐, 前 <xu, qian>
件 名 BSH:夏目, 漱石
BSH:正岡, 子規
分 類 NDC8:919.6
NDC9:919.6
書誌ID 1001288063
ISBN 4625453070
NCID BA73835185
巻冊次 ISBN:4625453070 ; PRICE:7600円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています