このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:58回

  • 貸出数:17回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
厄介なる主体 : 政治的存在論の空虚な中心
ヤッカイナル シュタイ : セイジテキ ソンザイロン ノ クウキョナ チュウシン

責任表示 スラヴォイ・ジジェク著 ; 鈴木俊弘, 増田久美子訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 青土社
出版年 2005.9-2007.4
本文言語 日本語
大きさ 2冊 ; 20cm
概要 グローバリズムやリベラリズムの猛威が切迫する中、ラディカリストは反資本主義という火急の政治的課題を理論化できるか。ヘーゲル、ハイデガー、アルチュセールらの主体論を緻密に走査し、資本主義の搾取においてデカルト的主体は無罪と論駁する。加速する資本のダイナミズムに抗し、文化総体を再審に付すジジェクの雄勁な論理。
グローバル資本の奔流を前に、主体の危機に瀕する現代人はその波に翻弄されるがままなのか。女性、ゲ...、民族など複数の主体が形成されるポストモダンにあって、J.バトラー、ラカンらの精神分析との対峙から、ラディカリストは超越的主体という亡霊との対決の道を切り拓く—。ジジェクの華麗な論理が躍る、現代思想の一大収穫。続きを見る
目次 西洋のアカデミズムに亡霊が...
第1部 「世界の闇夜」(超越論的想像力の行きづまり—カントを読むハイデガー
ヘーゲル的主体、この厄介なもの)
第2部 引き裂かれた普遍性(真理のポリティクス—聖パウロを読むバディウ
ポリティクスの主体的な前景化、それが迎える結末)
第3部 主体であるための隷属から、主体であることの欠乏へ(激しい(脱)愛着—フロイトを読むバトラー
オイディプスよ、どこに?)

所蔵情報

1 中央図 4A 003112009003301 139/Z 4 2005
1 中央図 3C_3‐39 [教育(人環)] 007112007006805 教育/11B/796-1 2005
1 理系図1F 開架 058112008022407 139.3/Z 4 2005
1 比文 文化動態 032112011026083 139.3/Z 4 2005
2 中央図 4A 003112009003313 139/Z 4 2007
2 中央図 2A 058112008022410 139.3/Z 4 2007
2 中央図 3C_3‐39 [教育(人環)] 007112007006794 教育/11B/796-2 2007
2 理系図1F 開架 058112007027081 139.3/Z 4 2007
2 比文 文化動態 032112011026095 139.3/Z 4 2007

書誌詳細

別書名 原タイトル:The ticklish subject : the absent centre of political ontology
一般注記 原タイトルは奥付による
著者標目 Žižek, Slavoj
鈴木, 俊弘(1972-) <スズキ, トシヒロ>
増田, 久美子(1971-) <マスダ, クミコ>
分 類 NDC8:139
NDC9:139.3
書誌ID 1001286647
ISBN 479176076X
NCID BA73463058
巻冊次 1 ; ISBN:479176076X ; PRICE:2800円
2 ; ISBN:9784791763221 ; PRICE:2400円
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています