このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:7回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
日本語学の蓄積と展望
ニホンゴガク ノ チクセキ ト テンボウ

責任表示 佐藤喜代治博士追悼論集刊行会編
データ種別 図書
出版者 東京 : 明治書院
出版年 2005.5
本文言語 日本語
大きさ vi, 604p : 挿図 ; 22cm
目次 日本語の動態(旧満州に残存する日本語—ある朝鮮族女性の談話
移住と方言の受容—愛知県豊田市の生え抜きと転入者を対比して
国語資料としての『翁問答』
『改訂増補 哲学字彙』の版種)
音韻の諸相(合拗音クワ残存地帯における知識層高年の保持様態と価値観—新潟県小千谷市を中心として
アクセント調査における「読ませる調査」と「言わせる調査」—山形県三川町における小調査から
感動詞の音調表記法について—三線記譜法のすすめ(「ああ」を例として))
文法研究の蓄積と展開(寛政版『和歌呉竹集』「てには大概」と『てには網引綱』—尾崎雅嘉のテニヲハ論
松下文法の活用論—文法論に原辞論は不要か
文の論理と体言文
名詞文についての覚え書
ディオンティック・モダリティをめぐって—言語行動の観点からの「しなければならない」の事例分析)
文法史の展開(語り手が顕在化した地の文—『源氏物語』と中世王朝物語
狂言「三人の長者」の諸台本に見る名ノリの指定表現の考察
口語サ変動詞の助動詞「まい」への接続の実態解明
中国地方における意志・推量形式の方言史—GAJと「田植草紙」との比較から)
語彙史の視点(語源研究における漢語
古代歌語源流考—「青」を中心に
上代の食物語彙—『風土記』を中心に
平安時代の公家日記のことばの文章史的性格—「兼日」の語構造をめぐって
広本節用集の典拠資料—田積・郡名表示を中心に
「背負う・担ぐ」語彙と『雑兵物語』の語彙の多元性・重層性—先行研究の再検討)
続きを見る

所蔵情報


中央図 1B_2‐12 [文/国文] 005112006025624 国文/10B/224 2005

書誌詳細

一般注記 佐藤喜代治博士年譜并著作目録: p[579]-603
参考文献: 章末
著者標目 佐藤喜代治博士追悼論集刊行会 <サトウ キヨジ ハクシ ツイトウ ロンシュウ カンコウカイ>
件 名 BSH:佐藤, 喜代治
BSH:国語学
NDLSH:日本語
分 類 NDC9:810.4
書誌ID 1001286385
ISBN 4625433274
NCID BA72133003
巻冊次 ISBN:4625433274
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています