このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
環状集落と縄文社会構造
カンジョウ シュウラク ト ジョウモン シャカイ コウゾウ

責任表示 谷口康浩著
データ種別 図書
出版者 東京 : 学生社
出版年 2005.3
本文言語 日本語
大きさ 303p ; 26cm
概要 縄文時代になぜ環状集落は生まれたか?環状集落の文節構造、人口密度と領域構造、縄文社会の構造と進化などから謎に包まれた縄文集落の正体に迫る。
目次 第1部 序論(環状集落から探る縄文社会の構造と進化—論点の素描
縄文時代集落論の争点—環状集落をめぐる論争の含蓄)
第2部 構造論(環状集落の空間構成
環状集落の初期設計と形成過程 ほか)
第3部 生態論(セトルメント・システムと領域—生態の空間的構造と遺跡群
セトルメントの地理的変異—人口密度と環状集落形成の社会生態的条件 ほか)
第4部 社会進化論(環状集落の成立過程—縄文時代前期における集団墓造営と拠点形成の意味
環状集落の生態史観—環状集落の歴史と社会進化)

所蔵情報


比文 基層構造 共通 058112005057462 210.25/Ta 87 2005

書誌詳細

一般注記 引用文献一覧: p268-[293]
著者標目 谷口, 康浩(1960-) <タニグチ, ヤスヒロ>
件 名 BSH:縄文式文化
BSH:遺跡・遺物 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:集落
NDLSH:縄文式文化時代
NDLSH:住居址
分 類 NDC9:210.25
NDLC:GB114
書誌ID 1001261690
ISBN 431130062X
NCID BA71509293
巻冊次 ISBN:431130062X ; PRICE:5800円+税
NBN JP20760381
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料