このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:52回

  • 貸出数:33回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
分子進化のほぼ中立説 : 偶然と淘汰の進化モデル
ブンシ シンカ ノ ホボ チュウリツセツ : グウゼン ト トウタ ノ シンカ モデル

責任表示 太田朋子著
シリーズ ブルーバックス ; B-1637
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2009.5
本文言語 日本語
大きさ 170p ; 18cm
概要 自然淘汰だけで、進化は語れるだろうか?どんなに優れた形質でも、子に受け継がれなくては、その形質は絶えてしまう。受け継がれるかどうかは、確率が支配する。集団遺伝学の第一人者が提唱する偶然と淘汰の新しい進化モデルを解説する。
目次 第1章 集団遺伝学とは
第2章 中立説提唱の前後
第3章 ほぼ中立説の始まり
第4章 ほぼ中立説の予測の検証
第5章 遺伝子重複による進化
第6章 遺伝子発現調節の進化
第7章 自然淘汰検出の集団遺伝学
第8章 ヒトゲノムの特徴
第9章 ロバストネス、エピジェネティクス、そして形態の進化

所蔵情報


中央図 自動書庫 003112009001217 ブルーバックス//B1637 2009

理系図2F 文庫新書 031112009000374 ブルーバックス//B1637 2009

芸工新書 2階 013112009003556 467/O81 2009

理 物理 凝縮系理論 022112009000120 467.5/O 81 2009

理 生物 動態生物 011112010501235 467.5/O 81 2009

書誌詳細

一般注記 参考文献: p138
著者標目 太田, 朋子 <オオタ, トモコ>
件 名 BSH:分子進化
BSH:集団遺伝学
NDLSH:分子遺伝学
分 類 NDC8:467.5
NDC9:467.5
書誌ID 1001243534
ISBN 9784062576376
NCID BA89990405
巻冊次 ISBN:9784062576376 ; PRICE:800円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています