このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:25回

  • 貸出数:40回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
村上春樹論 : 『海辺のカフカ』を精読する
ムラカミ ハルキ ロン : ウミベ ノ カフカ オ セイドク スル

責任表示 小森陽一著
シリーズ 平凡社新書 ; 321
データ種別 図書
出版者 東京 : 平凡社
出版年 2006.5
本文言語 日本語
大きさ 277p ; 18cm
概要 日本、アメリカ、中国等で大ヒットした『海辺のカフカ』。カフカ少年とナカタさんのパラレルな物語に“癒し”や“救い”を感じた人も少なくなかった。けれども、本当にそういった内容なのだろうか?丁寧なテクスト分析によって、隠された構造が浮かび上がる。暴力が前面に現れつつある「九・一一」後の世界に、記憶と言葉の大切さを訴える、渾身の村上春樹論。
目次 第1章 『海辺のカフカ』とオイディプス神話(オイディプス神話という主題
『オイディプス王』の物語 ほか)
第2章 甲村図書館と書物の迷宮(図書館という母性的空間
なぜ『千夜一夜物語』を最初に読むのか ほか)
第3章 カフカ少年はなぜ夏目漱石を読むのか—甲村図書館と書物の迷宮2(カフカ少年は『坑夫』と『虞美人草』を読む
「近代教養小説」という視点 ほか)
第4章 ナカタさんと戦争の記憶(ナカタさんの出自
記憶の欠落と識字能力の喪失 ほか)
第5章 『海辺のカフカ』と戦後日本社会(カーネル・サンダーズが語る「天皇の人間宣言」の虚偽
「生き霊」と『菊花の約』の意味するもの ほか)

所蔵情報


中央図 4A 058112006062056 913.6/Mu 43 2006

中央図 自動書庫 058112006010386 913.6/Mu 43 2006

理系図2F 開架 031112014000204 913.6/Mu 43 2006

言文 中国語05 058112009031651 913.6/Mu 43 2006

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:村上春樹論 : 海辺のカフカを精読する
著者標目 小森, 陽一(1953-) <コモリ, ヨウイチ>
件 名 BSH:村上,春樹
BSH:海辺のカフカ
分 類 NDC8:910.268
NDC9:913.6
書誌ID 1001232728
ISBN 4582853218
NCID BA76731572
巻冊次 ISBN:4582853218 ; PRICE:780円
登録日 2009.09.18
更新日 2014.04.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています