このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:164回

  • 貸出数:57回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
確率過程
カクリツ カテイ

責任表示 伊藤清著
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2007.3
本文言語 日本語
大きさ xi, 197p ; 22cm
概要 確率過程の3つの重要なクラスである加法過程、定常過程、マルコフ過程に関する包括的な解説と1次元拡散過程の詳説から成る。岩波講座「現代応用数学」の分冊として刊行以来、現在もなお不動の評価がある文献。50年を経て単行本として復刊した。とりわけ1次元拡散過程に関しては、はじめて本格的な確率解析的記述が試みられたものとして必読の古典といわれる。
目次 第1章 基礎概念(測度論的確率論(1)直観的背景
確率分布 ほか)
第2章 加法過程(加法過程の定義
加法過程の例 ほか)
第3章 定常過程(定常過程の定義
定常過程の研究に関する準備事項 ほか)
第4章 MARKOFF過程(条件付確率
条件付平均値 ほか)
第5章 拡散(拡散点
RAYの定理 ほか)

所蔵情報


理系図1F 開架 003112008014024 417.1/I 89 2007

理系図1F 開架 031112009007658 417.1/I 89 2007

理系図3F 数理独自 023112007000015 ITO,/20/13 2007

理系図3F 数理独自 033112016000060 ITO,/20/13A 2007

理系図1F指定 数理 031112009002416 417.1/I 89 2007

書誌詳細

一般注記 「岩波講座現代応用数学 6-2・8-2」(1957年刊) の改題改訂,合本
著者標目 伊藤, 清(1915-) <イトウ, キヨシ>
件 名 BSH:確率過程
分 類 NDC8:417.1
NDC9:417.1
書誌ID 1001216130
ISBN 9784000052009
NCID BA81417577
巻冊次 ISBN:9784000052009 ; PRICE:2800円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2016.05.11

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています