このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:107回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
コペルニクス・天球回転論
コペルニクス テンキュウ カイテンロン

責任表示 コペルニクス [著] ; 高橋憲一訳・解説
データ種別 図書
出版者 東京 : みすず書房
出版年 1993.12
本文言語 日本語
大きさ v,247p ; 22cm
概要 1543年5月24日、臨終の床にあったポーランドの聖堂参事会員ニコラウス・コペルニクスの許に、印刷されたばかりの彼の主著が届けられた。『天球回転論』と題するこの書こそは、古代・中世を通して支配的であったアリストテレス=プトレマイオス流の地球中心説(天動説)に真っ向から対立する宇宙論=太陽中心説(地動説)を打ち立て、“科学革命”という歴史的事件を引き起こす引き金となったものであり、近代の幕開けを告げ...革命の書であった。本書は、『天球回転論』第1巻の待望の新訳と、コペルニクスが初めて太陽中心説の構想を記した未刊論文『コメンタリオルス』の初の邦訳から成り、併せて天文学における“コペルニクス革命”の意味を解明する詳細な訳者解説を付したものである。続きを見る
目次 1 天球回転論(宇宙は球形であること
大地もまた球形であること
どのようにして大地は水と共に1つの球状をなすのか ほか)
2 コメンタリオルス(天球の順序について
太陽に関して現われる諸運動について
運動の一様性は2分点ではなく恒星を起点とすべきこと ほか)
3 解説・コペルニクスと革命(コペルニクス以前の天文学1:ギリシアとローマの世界
コペルニクス以前の天文学2:アラビアとヨーロッパの世界)
コペルニクスの天文学—地球中心説から太陽中心説へ
コペルニクス説の受容と変容の過程 ほか)

所蔵情報


中央図 4A 068581193022602 440.2/C 87/2A 1993

理系図1F 開架 068581193022591 440.2/C 87/2 1993

言文 独語 032112015021415 440.2/C 87 2012

書誌詳細

一般注記 De revolutionibus
翻訳底本:Nicolaus Copernicus Gesamtausgabe Bd.2 (Hildesheim : Gerstenberg, 1984)
文献:p225-232, 人名・書名索引:巻末
著者標目 Copernicus, Nicolaus, 1473-1543
高橋, 憲一(1946-) 訳・解説 <タカハシ, ケンイチ>
件 名 NDLSH:天文学 -- 歴史  全ての件名で検索
LCSH:Copernicus, Nicolaus, 1473-1543
分 類 NDC8:440.2
NDLC:MB25
書誌ID 1000396906
ISBN 4622040921
NCID BN10179991
巻冊次 ISBN:4622040921 ; PRICE:3708円
登録日 2009.09.11
更新日 2012.01.11

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています