このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:31回

  • 貸出数:12回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
1930年代の日本外交 : 四人の外相を中心として
1930ネンダイ ノ ニホン ガイコウ : ヨニン ノ ガイショウ オ チュウシン トシテ

責任表示 日本国際政治学会編
シリーズ 国際政治 ; 56号
データ種別 図書
出版者 国立 : 日本国際政治学会
出版年 1977.3
本文言語 日本語
大きさ 173, 7p ; 21cm

所蔵情報

56 中央図 4C_1‐135 [法] 068151181021488 Jj 55/K/9 1977

中央図 自動書庫 010112014018311 319.1/Se 69 1977

書誌詳細

別書名 裏表紙タイトル:Japanese diplomacy in the 1930's : four foreign ministers
一般注記 発売:有斐閣(東京)
内容:内田康哉ー焦土外交への軌跡(池井優) 広田弘毅の対華政策と蒋介石ー自護体外交の限界性(宇野重昭) 有田八郎ー日独防共協定における薄墨外交の展開(ゲイロード・窪田著 片桐康夫訳) 有田の「広域経済圏」構想と対英交渉(井上陽一) 松岡洋右ー国際連盟との決別(ディビット・ルー) 「サイレント・パートナー」発言すー連盟規約・労働規約問題(トマス・W.バークマン著 酒井真理訳) 山東問題(清水秀子) <書評論文> 三国同盟と松岡外交ー三輪公忠著『松岡洋右』、三宅正樹著『日独伊三国同盟の研究』(百瀬宏) <書評> 馬場伸也著『日本外交のジレンマー対中国政策(1924-29)に関する新しい視角』(進藤栄一) 入江昭編『相互イメージー日米関係に関する研究』(武者小路公秀) 秦郁彦著『太平洋国際関係史』(入江昭) 松岡洋右伝記刊行会編『松岡洋右ーその人と生涯』(内山正熊) マーク・R.ピーティ著『石原莞爾ー日本の西洋との対決ー』(五百旗真)
著者標目 日本国際政治学会 <ニホン コクサイ セイジ ガッカイ>
件 名 NDLSH:日本 -- 外国関係 -- 歴史 -- 昭和時代  全ての件名で検索
分 類 NDC6:319.1
NDC8:319.1
NDLC:A99-Z
書誌ID 1000255511
NCID BN01541635
巻冊次 PRICE:1500円
NBN JP77014323
登録日 2009.09.11
更新日 2015.01.29

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています