このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:25回

  • 貸出数:13回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
中世日本の歴史像
チュウセイ ニホン ノ レキシゾウ

責任表示 日本史研究会史料研究部会編
シリーズ 創元学術双書
データ種別 図書
出版者 大阪 : 創元社
出版年 1978.7
本文言語 日本語
大きさ iii, 440p : 挿図 ; 22cm
目次 〈前編 政治と経済〉 後院の創設 : 嵯峨上皇と檀林寺をめぐって / 林屋辰三郎著
院政期熊野詣と公家領荘園 : 奉仕者としての民衆を中心に / 戸田芳実著
近衛家領研究序説 / 吉村亨著
南北朝時代の守護と守護所 / 松山宏著
南北朝期の権力と惣郷 : 伊勢神宮検非違使の消滅をめぐって / 西山克著
南北朝時代における武士の庄園押領 : 播磨国矢野庄の場合 / 上島有著
後期室町幕府の権力構造 : 特にその専制化について / 今谷明著
戦国時代織田庄に出現した散田について / 古田憲司著
中世土倉論 / 下坂守著
〈後編 社会と文化〉 古市澄胤の登場 / 熱田公著
中世南都の郷民と風流 / 和田義昭著
室町時代における祈祷と公武統一政権 / 富田正弘著
戦国時代における地方文化と京都 : 領国文化の構造をめぐって / 伊東久之著
「鎖国」前夜のヨーロッパ / 中村薫著
初期歌舞伎の禁令 : その史料的再検討 / 守屋毅著
元禄音楽の展開 : 音階と楽器の盛衰をめぐって / 高尾一彦著
続きを見る

所蔵情報


中央図 4C_1‐135 [法] 068151184002048 Kj 10/N/43 1978

書誌詳細

内容注記 〈前編 政治と経済〉 後院の創設 : 嵯峨上皇と檀林寺をめぐって / 林屋辰三郎著
院政期熊野詣と公家領荘園 : 奉仕者としての民衆を中心に / 戸田芳実著
近衛家領研究序説 / 吉村亨著
南北朝時代の守護と守護所 / 松山宏著
南北朝期の権力と惣郷 : 伊勢神宮検非違使の消滅をめぐって / 西山克著
南北朝時代における武士の庄園押領 : 播磨国矢野庄の場合 / 上島有著
後期室町幕府の権力構造 : 特にその専制化について / 今谷明著
戦国時代織田庄に出現した散田について / 古田憲司著
中世土倉論 / 下坂守著
〈後編 社会と文化〉 古市澄胤の登場 / 熱田公著
中世南都の郷民と風流 / 和田義昭著
室町時代における祈祷と公武統一政権 / 富田正弘著
戦国時代における地方文化と京都 : 領国文化の構造をめぐって / 伊東久之著
「鎖国」前夜のヨーロッパ / 中村薫著
初期歌舞伎の禁令 : その史料的再検討 / 守屋毅著
元禄音楽の展開 : 音階と楽器の盛衰をめぐって / 高尾一彦著
著者標目 日本史研究会史料研究部会 編 <ニホンシ ケンキュウカイ シリョウ ケンキュウ ブカイ>
件 名 NDLSH:日本 -- 歴史 -- 中世  全ての件名で検索
NDLSH:日本 -- 社会 -- 歴史 -- 中世  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.4
NDC6:210.4
NDLC:GB211
書誌ID 1000178555
NCID BN00394921
巻冊次 PRICE:4000円
NBN JP78025786
登録日 2009.09.11
更新日 2009.09.11

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています