このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:29回

  • 貸出数:2回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
日本語と日本語論
ニホンゴ ト ニホンゴロン

責任表示 池上嘉彦著
シリーズ ちくま学芸文庫 ; [イ11-2]
データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2007.9
本文言語 日本語
大きさ 375, vp ; 15cm
概要 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」という『雪国』の冒頭を、ある訳者は“The train came out of the long tunnel into the snow country.”と訳した。英語表現では汽車が焦点となるが、私たちは描かれざる主人公をイメージする。ここで「主客合体」の状況が起きるのだ。本書では、さまざまな日本語話者好みの表現を取りあげ、その背後にある「こころ」...働きに目を向ける。主観性や主語の省略現象、複数表現、「モノ」「トコロ」を軸とした事態把握などから、「日本語らしさ」とは何かが解き明かされる。認知言語学の第一人者が洞察する、日本語の本質。続きを見る
目次 第1部 日本語と日本語論(外から見た日本語・内から見た日本語
「談話」としての日本語「人」論と日本語「人」論批判
言語類型論と言語の「類型」 ほか)
第2部 「モノ」と「トコロ」—その対立と反転(「有界的」な「モノ」と「無界的」な「トコロ」
「無界性」と「部分」・「未完了」
「トコロ」の二面性と「身体性」 ほか)
第3部 日本語の主観性と主語の省略(ラガナ氏の戸惑い
主語の「省略」ということ
主語の「省略」と美意識 ほか)

所蔵情報


△言文 独語(箱崎) 058112008075591 810.1/I 33 2007

書誌詳細

別書名 原タイトル:「日本語論」への招待
異なりアクセスタイトル:日本語論への招待
一般注記 『「日本語論」への招待』 (講談社 2000年刊) の改題
参照文献: p344-351
著者標目 池上, 嘉彦(1934-) <イケガミ, ヨシヒコ>
件 名 BSH:日本語
分 類 NDC8:810.1
NDC9:810.1
書誌ID 1000025698
ISBN 9784480090904
NCID BA83081240
巻冊次 ISBN:9784480090904 ; PRICE:1365円
登録日 2009.01.14
更新日 2009.01.14

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています