Link to this page

Statistics

  • Number of loans:3 times
    (Number of loans in 1 year:0 times)

<Book>
カエサル『ガリア戦記』 : 歴史を刻む剣とペン
カエサル ガリア センキ : レキシ オ キザム ケン ト ペン

Responsibility 高橋宏幸著
Series 書物誕生 : あたらしい古典入門
Material Type Book
Publisher 東京 : 岩波書店
Year 2009.5
Language Japanese
Size xi, 209, 2p, 図版 [1] 枚 : 地図 ; 20cm
Abstract ガリア諸部族を相手に無敵の軍団を率いた武人は、キケローが称賛し、ウェルギリウスの『アエネーイス』に大きな影響を与え、モンテーニュや小林秀雄を唸らせる稀代の文人でもあった。ときに疾風烈火のごとく攻め進む一方、ときに節度と自制、忍耐によって機を待ち、実際の戦闘を最小限に抑える「真の武勇」をそなえた将軍カエサル。ガリアや属州という時空間を舞台に、彼はいかに戦略構想を打ち出し、人を動かし、事を進め、難局を切り拓いていったのか。『ガリア戦記』という作品が体現し、カエサルの偉業を歴史に刻むこととなった言葉の力とは何か。「戦争の大義」「戦争と境界」「戦争と平和」といった普遍的なテーマにも光を当てながら、その醍醐味を読み解く。
Table of Contents 第1部 書物の旅路—ガリアへの道、ガリアからの道(文人カエサル
属州統治とガリア
戦争と境界
鬨の声が走る)
第2部 作品世界を読む—戦争を描く(戦争の大義
全ガリアの自由
武勇の真価
劇的叙述)

Holdings


CENTRAL LIB. 3F Reading RoomA 003112009037912 230.3/Ta 33 2009

ItoChuo 2F Open Stacks 058112009025708 230.3/C 11 2009

Bibliographic details

Other titles spine title:『ガリア戦記』 : 歴史を刻む剣とペン
variant access title:カエサルガリア戦記 : 歴史を刻む剣とペン
Notes 参考文献: p201-209
ローマ・ガリア関連略年表: 巻末p1-2
Authors 高橋, 宏幸(1956-) <タカハシ, ヒロユキ>
Subjects NDLSH:Caesar, Gaius Julius(102-44B.C.)
NDLSH:ガリア
BSH:ガリア戦記
Classification NDC8:230.3
ID 1001407910
ISBN 9784000282918
NCID BA9001579X
Vol ISBN:9784000282918 ; PRICE:2100円+税
Created Date 2009.12.09
Modified Date 2010.02.05

Similar Items

People who borrowed this item also borrowed