このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
明治期露西亜文学翻訳論攷
メイジキ ロシア ブンガク ホンヤク ロンコウ

責任表示 加藤百合著
データ種別 図書
出版者 東京 : 東洋書店
出版年 2012.12
本文言語 日本語
大きさ xi, 413p ; 21cm
概要 明治時代、作家達は自らの文学を手にするべくロシア文学の森に踏みこんだ。文学にも翻訳にもあるべき型は無く、みなそれぞれの道を切り開いていった。作家達はロシア文学の翻訳を通じて何を得たのか?—この問いの答は「翻訳」という体験のもつ意味を鮮やかに提示する。
目次 第1章 高須治助—黎明期の翻訳
第2章 二葉亭四迷—ツルゲーネフの音調を写す
第3章 森鴎外—創作のための翻訳
第4章 内田魯庵—協同訳『罪と罰』
第5章 尾崎紅葉—翻訳に果たした役割
第6章 昇曙夢—風土・文学・言語
第7章 誰が翻訳したか—翻訳による原作の再創造

所蔵情報


比文 文化表象 032112013029183 980.2/Ka 86 2012

書誌詳細

一般注記 学位論文 (東京大学, 2010年度) を修正・改稿したもの
文献: p374-405
著者標目 加藤, 百合(1964-) <カトウ, ユリ>
件 名 BSH:ロシア・ソビエト文学 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:翻訳文学 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:翻訳文学 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:ロシア文学 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:日本文学 -- 歴史 -- 明治時代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:980.2
NDC9:980.2
NDC9:910.261
NDLC:KG421
書誌ID 1001521217
ISBN 9784864590730
NCID BB11482287
巻冊次 ISBN:9784864590730 ; PRICE:3600円+税
登録日 2013.12.09
更新日 2013.12.09

類似資料