このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:12回
    (1年以内の貸出数:5回)

<図書>
死を超えるもの : 3・11以後の哲学の可能性
シ オ コエル モノ : 3. 11 イゴ ノ テツガク ノ カノウセイ

責任表示 森一郎著
データ種別 図書
出版者 東京 : 東京大学出版会
出版年 2013.6
本文言語 日本語
大きさ viii, 349, 7p ; 20cm
概要 東日本大震災とりわけ原発事故の戦慄を前にして、われわれは何を考え、どのように語るのか。書物や建物といった、個人の生死を超えて存続する物から、世代をつなぎつつ築かれていく世界への気遣い—「世界への愛」—を学んだ著者が、ハイデガーとアーレントのひらいた自然と技術への問いを受けとめ、原子力テクノロジーの問題を存在論的側面からあぶり出す。現代日本の状況に示される反時代的考察。
目次 二通りの別離の経験から、もう一つの出来事へ
第1部 いのちから世界へ(死を超えるもの—「メタ死生学」試論
読むこと、書くこと、考えること—「メメント・モリ」からの出発
建てること、住むこと、考えること—Q体への愛
自然の力、人間の力—『アンティゴネー』の「人間讃歌」をめぐって)
第2部 原子力をめぐる思考の可能性(世界を愛するということ—自然と世界の区別から
ハイデガーと原子力の問題1—物と総かり立て体制
ハイデガーと原子力の問題2—もしくは、いかにして原子力で哲学するか
アーレントと原子力の問題1—大地からの疎外、または宇宙人の地球侵略
アーレントと原子力の問題2—戦争論への寄与
火について—プルトニウムをめぐる形而上学的随想
物たちのもとで、人びととともに—自然と世界の絡み合いへ)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112017008643 104/Mo 45 2013

中央図 4A 032112013029346 104/Mo 45 2013

芸工3階 050112013009854 104/Mo45 2013

書誌詳細

別書名 表紙タイトル:Über den Tod hinaus : eine Möglichkeit der Philosophie nach dem 11.3.2011
著者標目 森, 一郎(1962-) <モリ, イチロウ>
件 名 BSH:哲学
分 類 NDC8:104
NDC9:104
書誌ID 1001521200
ISBN 9784130101240
NCID BB12674159
巻冊次 ISBN:9784130101240 ; PRICE:4200円+税
登録日 2013.12.09
更新日 2013.12.09

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています