このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:14回

  • 貸出数:2回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
限界の試練 : デリダ、アンリ、レヴィナスと現象学
ゲンカイ ノ シレン : デリダ アンリ レヴィナス ト ゲンショウガク

責任表示 フランソワ=ダヴィッド・セバー [著] ; 合田正人訳
シリーズ 叢書・ウニベルシタス ; 996
データ種別 図書
出版者 東京 : 法政大学出版局
出版年 2013.7
本文言語 日本語
大きさ vi, 379, 72, iiip ; 20cm
概要 「起源」の問いに魅惑され、「現れるもの」の彼方への思考を極点にまで推し進めた現代フランスの哲学者たち。フッサール現象学を超えようとするそれらの探求が形づくる風景を独自の角度から俯瞰し、時間性や贈与、亡霊性やリズムといった主題の批判をつうじて、主体性の経験の限界にとどまる倫理を問う圧倒的思考。現象学の新しい位相を示す注目の労作。
目次 第1部 現象学的合理性の批判に向けて(探求
志向性と非‐贈与性
限界の問い)
第2部 時間の前線(志向性の限界にて—『内的時間意識講義』の読者、M.アンリとE.レヴィナス
現象学が与えるもの—J.デリダとJ‐L.マリオン、不可能なものと可能性)
第3部 主体性の試練(現代フランス現象学における主体性
E.レヴィナスにおける主体性の誕生
生へと誕生すること、自己自身へと誕生すること。M.アンリにおける主体性の誕生
J.デリダによる幽霊的主体性)
第4部 現象学的言説と主体化(E.レヴィナスによる『存在するとは別の仕方で』のリズム
M.アンリによる「生」のリズム)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 032112013029334 135.5/Se 12 2013

書誌詳細

別書名 原タイトル:L'épreuve de la limite
異なりアクセスタイトル:限界の試練 : デリダアンリレヴィナスと現象学
一般注記 原書 (PUF, 2001) の全訳
著者標目 Sebbah, François-David
合田, 正人(1957-) <ゴウダ, マサト>
件 名 BSH:現象学
NDLSH:現象学
NDLSH:Derrida, Jacques(1930-2004)
NDLSH:Henry, Michel(1922-2002)
NDLSH:Levinas, Emmanuel(1906-1995)
分 類 NDC8:135.5
NDC9:135.5
書誌ID 1001521191
ISBN 9784588009969
NCID BB13061778
巻冊次 ISBN:9784588009969 ; PRICE:4700円+税
登録日 2013.12.09
更新日 2013.12.09

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています