このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:20回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
「若者と親」の社会学 : 未婚期の自立を考える
ワカモノ ト オヤ ノ シャカイガク : ミコンキ ノ ジリツ オ カンガエル

責任表示 岩上真珠編著
データ種別 図書
出版者 東京 : 青弓社
出版年 2010.11
本文言語 日本語
大きさ 201p : 挿図 ; 21cm
概要 青年期から成人期への移行は、就職や結婚が転機だとこれまで考えられてきた。しかし、経済格差や社会構造の変化、若者の意識変容などを経て親子関係や自立の意味が大きく変わってきている。「仲がいい親子」、親からの経済的・精神的な支援の実態、育児をする娘と親の支援関係などの具体例から、結婚や就職が「自立=大人になること」につながらない現状を分析する。
目次 序章 未婚期の長期化と若者の自立
第1章 戦後日本の成人期への移行の変容
第2章 若者の親子関係とその経済的背景にみるジェンダー
第3章 未婚者のサポート・ネットワークと自立
第4章 親との同居と自立意識—親子関係の‘良好さ’と葛藤
第5章 移行期における空間的距離と親子関係—近代的親子関係の再考
第6章 育児期の女性への親からの支援—結婚は「自立」の指標となりうるか?
第7章 地域のなかの親と子
第8章 ハイ・モダニティ時代の若者の自立—リスク社会のなかで

所蔵情報


中央図 4A 110012018080935 367.3/I 93 2010

文 社会(研究室) 021112010018117 社会/14/166 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:若者と親の社会学 : 未婚期の自立を考える
一般注記 参考文献あり
著者標目 岩上, 真珠(1949-) <イワカミ, マミ>
件 名 BSH:親子関係
BSH:青年期
BSH:結婚
分 類 NDC8:367.3
NDC9:367.3
書誌ID 1001441016
ISBN 9784787233202
NCID BB04023574
巻冊次 ISBN:9784787233202 ; PRICE:2000円+税
登録日 2011.02.17
更新日 2011.02.17

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています