このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:212回

  • 貸出数:75回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
戦争と平和
センソウ ト ヘイワ

責任表示 トルストイ作 ; 藤沼貴訳
シリーズ 岩波文庫 ; 赤(32)-618-1,2,3,4,5,6
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2006
本文言語 日本語
大きさ 6冊 : 挿図, 肖像, 地図 ; 15cm
概要 一八〇五年夏、ペテルブルグ。上流社会のパーティに外国帰りの奇妙な青年ピエールが現れる。モスクワでは伯爵家の少女ナターシャが名の日の祝いに平和を満喫。一方従軍するアンドレイ、ニコライらに戦火は迫り—対ナポレオン戦争を描いて世界文学史に輝く不滅の名作!新訳。
アウステルリッツ戦で負傷し行方不明だったアンドレイが帰還した夜、妻リーザは男子を出産し死亡する。ピエールは愛のない結婚をして妻の不貞で決闘へ。ロス...フ家の恋する若者たちは...様々な人生の一方でナポレオンはロシアを屈辱の講和へ導く。
妻の死後、田舎に隠棲する傷心のアンドレイを甦らせたのはナターシャだった。だが若さゆえの過ちから少女は誘惑者の手に。苦境を救おうと奔走するピエールが冬空に見たのは、ナポレオンとの再対決を予感させる、巨大な一八一二年の彗星だった...。
不吉な彗星の年。軍務に戻ったアンドレイは父と妹に敵接近を急報するが、退避目前に老公爵は死去、マリアは領地農民の反抗に遭う。戦争の本質を探ろうとピエールはボロジノへ発つ。いまや貴族も農民もなく、全ロシアの危機が始まろうとしていた。
敵軍侵攻!大火のモスクワを一家で引揚げるナターシャは重傷のアンドレイと再会し、赦しを乞い、死の日まで付添う。ナポレオン暗殺を誓って変装し町をさ迷うピエールは逆に放火の嫌疑で逮捕され、フランス軍の捕虜隊で一人の年老いた農民プラトンと出会う。新訳。
一八一二年初冬。パルチザン隊とナポレオン軍の攻防。解放軍突入の朝、ペーチャは若い命を散らす。その屍がピエールの目を奪い、耳には老兵プラトンへのとどめの銃声が残る。死者の川を渡り、いま生者の帰るべき先は?戦争とは—平和とは?新訳、全篇完結。
続きを見る

所蔵情報

1 中央図 4Wa_9 [九大百冊] 003112009040424 983/To 47 2008
2 中央図 4Wa_9 [九大百冊] 003112009040436 983/To 47 2009
3 中央図 4Wa_9 [九大百冊] 003112009040448 983/To 47 2006
4 中央図 4Wa_9 [九大百冊] 003112009040451 983/To 47 2006
5 中央図 4Wa_9 [九大百冊] 003112009040463 983/To 47 2007
6 中央図 4Wa_9 [九大百冊] 003112009040475 983/To 47 2006

書誌詳細

別書名 原タイトル:Война и мир
ローマ字翻字タイトル:Voĭna i mir
一般注記 『戦争と平和』年表: 1:巻末p[1]-5, 2:巻末p[1]-9, 3:巻末p[1]-13, 4:巻末p[1]-17, 5:巻末p[1]-21, 6:巻末p[1]-25
6巻: 「アルバムトルストイの生涯1828-1910」p505-510
著者標目 Tolstoy, Leo, graf, 1828-1910
藤沼, 貴(1931-) <フジヌマ, タカシ>
件 名 NDLSH:ロシア小説
分 類 NDC8:983
NDC9:983
NDLC:KP242
書誌ID 1001415038
ISBN 400326181X
NCID BA75063276
巻冊次 1 ; ISBN:400326181X ; PRICE:987円
2 ; ISBN:4003261828 ; PRICE:987円
3 ; ISBN:4003261836 ; PRICE:987円
4 ; ISBN:4003261844 ; PRICE:940円
5 ; ISBN:4003261852 ; PRICE:940円
6 ; ISBN:4003261860 ; PRICE:940円+税
登録日 2010.02.25
更新日 2010.02.25

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています