このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:12回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ルールはなぜあるのだろう : スポーツから法を考える
ルール ワ ナゼ アルノダロウ : スポーツ カラ ホウ オ カンガエル

責任表示 大村敦志著
シリーズ 岩波ジュニア新書 ; 610
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2008.12
本文言語 日本語
大きさ vi, 208p ; 18cm
概要 サッカーのオフサイドやフィギュア・スケートの採点基準など、スポーツにつきもののルールは競技をおもしろくするためにあるのだ、といったらあなたは驚くかもしれない。ルールを通してスポーツが求めるものを探り、さらに私たちの生き方と法の関係を考えていく。著者の説明にスポーツマンの息子が鋭くつっこむ親子対話形式。
目次 第1部 スポーツと法の関係を見てみよう(スポーツから法へ
スポーツにかかわる法
スポーツを支える法)
第2部 ルールはどんな性質をもっているのだろう?(ルールはどこにあるのか
ルールは何を決めているのか
ルールは何のためにあるのか
ルールはどこまでおよぶのか)
第3部 スポーツは何を求めているのだろう?(競争を考えてみよう
公平を考えてみよう
評価の基準とは
国際化すると)
第4部 スポーツと法から社会を見てみよう(観衆とアマチュアがはたす役割
クラブは民主主義の学校
スポーツから裁判を見ると
新しい社会を考える)
続きを見る

所蔵情報


中央図 3F開架A 110012018012424 780/O 64 2016

法科院(Law School) 015112008016163 Bj 70/O/4 2008

書誌詳細

一般注記 読書案内: p205-208
著者標目 大村, 敦志(1958-) <オオムラ, アツシ>
件 名 BSH:法律
BSH:スポーツルール
書誌ID 1001346701
ISBN 9784005006106
NCID BA88291397
巻冊次 ISBN:9784005006106 ; PRICE:780円+税
登録日 2009.09.18
更新日 2009.09.18

類似資料