<Book>
The discourse of "Sakoku" : The history of receptance on manuscript "Sakoku-ron" written by Engelbert Kaemfer, translated by Tadao Shizuki

Creator
Language
Publisher
Date
Publication Type
Access Rights
Related DOI
Related URI
Relation
Abstract 1801年志筑忠雄訳『鎖国論』の訳出によって誕生した「鎖国」という言葉の東西両洋の受容の歴史を、ケンペルの原書にまで遡って、また国内外に伝存する94点の写本の徹底究明を通じて明らかにする。今なお〈日本人〉を呪縛してやまないこの言説史研究の決定版。(ミネルヴァ書房のHPより)
Table of Contents (序)なぜ「鎖国」言説の形成史か―本書の視座、(第1章)ケンペル論文の成立と18世紀西洋における受容、(第2章)志筑忠雄訳『鎖国論』の成立とその背景、(第3章)近世後期日本における志筑忠雄訳『鎖国論』の受容、(第4章)近代日本における「鎖国」観の形成とその変遷、(第5章)戦後日本における「鎖国」言説、(結語)近世・近代における「鎖国」言説の形成史、(補論)志筑忠雄訳『鎖国論』の流布と写本構造の分析、(注釈)、(参考文献)、(人名・書名索引)

Hide fulltext details.

jpg 「鎖国」という言説(ミネルヴァ) jpg 970 KB 2,036 カバー画像

Details

Record ID
Peer-Reviewed
Spatial
Subject Terms
ISBN
Type
Temporal
Created Date 2010.06.23
Modified Date 2019.08.27

People who viewed this item also viewed