<博士論文>
交差する周波数変化音の連続性の知覚について

作成者
指導教員等
本文言語
学位授与年度
学位授与大学
学位
学位種別
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 空隙転移錯覚は聴覚における錯覚現象であり,二つの周波数変化音の交差する音刺激パターンにおいて生ずる。長い音に挿入された時間的空隙が,長い音ではなく,それと交差する短い音にあるかのように知覚される。本研究においては,聴覚心理実験を行ない,長い音と短い音との音圧レベルの差が空隙転移錯覚の生起におよぼす影響について検証した。実験では,4000 msの音と400 msの音とが互いの時間的中央において交差す...るパターンを用いた。これらの音の周波数は1/3 oct/sの率で変化し,交差点における周波数は1000 Hzであった。長い音の時間的中央に100 msの時間的空隙が挿入された。長い音と短い音とのレベル差によって,3種類の知覚の生ずることがわかった。長い音のレベルに対する短い音のレベルの相対的な値が約-9 dBから約+2 dBまでの範囲にあるときに,空隙転移錯覚が生じた。すなわち,長い音はつながって,短い音は途切れて知覚された。長い音のレベルより短い音のレベルがかなり低くなると,長い音が途切れ,短い音がつながって知覚されることが多くなった。長い音のレベルより短い音のレベルが高くなると,長い音と短い音との両方がつながって知覚された。 音の連続-不連続の知覚を説明した従来の仮説によれば,物理的に途切れた音がつながっているように知覚されるためには,その音の空隙部分がそれを補完するのに十分な音エネルギーで満たされている必要がある。しかし,長い音のレベルより短い音のレベルが9 dB低いときでさえ空隙転移錯覚の生じうることが示された。このとき長い音はつながったものとして知覚されるが,空隙部分がそれを補完するのに十分な音エネルギーで満たされているとは考えにくい。音の連続-不連続の知覚を包括的に説明するためには,従来の仮説を修正する必要がある。空隙転移錯覚は,近接した音の始まりと終わりとが知覚のうえで優先的に結びつくために生ずると説明されている。そこで,音の始まりと終わりとの時間的配置,そして音エネルギーの時間的持続性という2つの要因を統合した仮説を提出し,空隙転移錯覚に対する長い音と短い音との音圧レベル差の効果を説明することを試みた。 この音圧レベル差の効果に関する知見から,倍音成分を有する周波数変化音が交差するパターンにおける空隙転移錯覚の生起を予測できる可能性が示された。実験では,倍音関係にある3つの成分からなる周波数変化音の交差するパターンを用いた。上述したパターンと同じ持続時間と周波数変化率を採用した。成分の交差する周波数は500 Hz,1000 Hz,1500 Hzであった。空隙転移錯覚はこのようなパターンにおいても生ずるが,スペクトル成分間の相対的なレベル関係について長い音と短い音との間に違いのあるときに生じにくくなることがわかった。そのときの知覚内容は,聴取者,およびスペクトルの条件によって異なるが,長い音が途切れて,短い音がつながって知覚される場合と,長い音と短い音との両方がつながって知覚される場合との2種類が見られた。このスペクトル構造の違いによる知覚への影響は,刺激パターンに含まれる個々の成分に着目したときに,レベルの異なる長い成分と短い成分とが交差する対のあることに由来するようである。このような交差対を取り出して単独の対として呈示すると,空隙転移錯覚の場合とは必ずしも一致しない知覚が得られる。このときの長い成分と短い成分との連続性に基づいて,刺激パターン全体における長い音と短い音との知覚上の連続性の決定されることが,データから推測される。以下のように考えれば,実験結果を説明することができる。交差対を単独の対として呈示したときに,途切れて知覚される長い成分が一つでもあれば,刺激パターン全体における長い音は途切れて知覚されやすく,つながって知覚される短い成分が一つでもあれば,刺激パターン全体における短い音はつながって知覚されやすい。この考えに従えば,交差対の全てにおいて,それらを単独の対として呈示したときに空隙転移錯覚が生じなければ,刺激パターン全体において空隙転移錯覚は生じにくいことになり,このことは実験結果によく対応している。
The gap transfer illusion is an auditory illusion where a temporal gap inserted in a longer frequency glide is perceived as if it were in a crossing shorter glide. A series of psychological experiments was conducted to examine the effects of sound-pressure-level (SPL) differences between crossing glides on the occurrence of the gap transfer illusion. It was found that the subjective continuity-discontinuity of the glides changes as a function of the relative level of the short glide to the level of the long glide. When the relative level was approximately between -9 and +2 dB, the gap transfer illusion took place: The long glide was perceived as continuous, and the short glide as discontinuous. When the relative level of the short glide was below this range, a veridical percept took place: The long glide was perceived as discontinuous, and the short glide as continuous. When the relative level of the short glide was above this range, the long glide and the short glide were both perceived as continuous. The fact that the long glide could be perceived as continuous even when the short glide was 9 dB weaker than the long glide suggests that the subjective continuity of the long glide in the gap transfer illusion cannot be explained within a classical framework of auditory organization. That is, this subjective continuity cannot be attributed to reallocation of sound energy from the short to the long glide. These SPL effects might influence the occurrence of the gap transfer illusion in sound patterns of crossing harmonic glides containing two or more harmonic components. Indeed, it was found that the gap transfer illusion could take place in patterns in which two three-component glides crossed each other, but the illusion disappeared when the spectral patterns (the relative-level patterns of spectral components) of the two glides were different from each other. Two types of perception took place in the latter case. In one type, the long glide was perceived as discontinuous, and the short glide as continuous. In the other type, the long glide and the short glide were both perceived as continuous. These spectral effects may be due to SPL differences between crossing components. If each pair of crossing components is presented separately, the perception of the pairs is expected to depend on the SPL differences between the crossing components. The present experimental data indicated a possibility that, if one long component is perceived as discontinuous, this causes subjective discontinuity of the long harmonic glide as a whole, and that, if one short component is perceived as continuous, this causes subjective continuity of the short harmonic glide as a whole. This leads to a prediction that the gap transfer illusion should take place only if all long components are perceived as continuous and all short components are perceived as discontinuous when each crossing pair of components is presented alone. This was exactly what happened in the present experiment.
続きを見る

本文情報を非表示

acknowledgement pdf 214 KB 915 謝辞
appendix pdf 216 KB 85 付記
references pdf 252 KB 194 引用文献
chapter5 pdf 229 KB 97 第5章 結論
chapter4 pdf 645 KB 220 第4章 空隙転移錯覚の生起に影響をおよぼす音圧レベル要因とスペクトル要因との関連について
chapter3 pdf 901 KB 118 第3章 空隙転移錯覚の生起に影響をおよぼす周波数変化音の音圧レベル要因について
chapter2 pdf 268 KB 1,306 第2章 連続聴錯覚の生起を決定する要因について
chapter1 pdf 374 KB 377 第1章 序論
contents pdf 223 KB 113 目次
cover pdf 212 KB 87 表紙

詳細

レコードID
査読有無
キーワード
報告番号
学位記番号
授与日(学位/助成/特許)
受理日
部局
登録日 2013.07.10
更新日 2020.10.09

この資料を見た人はこんな資料も見ています