<博士論文>
入浴における安全・衛生の確保と快適性の向上に関する研究 : 特にレジオネラ症について

作成者
指導教員等
本文言語
学位授与年度
学位授与大学
学位
学位種別
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 対策を採っても後の絶つことのないレジオネラ症に対して、快適性の向上を目指して、人に対する安全と衛生の確保について多角的に研究した。第1章では、入浴施設での安全・衛生と快適性に関する経緯・動向と課題について述べた。入浴施設でのレジオネラ症集団発生前後の法令、条例と行政の指導を調査した。これらの課題について言及すると共に、今後の衛生行政の在り方を考えた。この他、海外の基準等にも触れた。第2章では、入浴...施設の実態調査から見る課題について述べた。2004年度と05年度に実施した社会福祉施設の実態調査を踏まえて、課題と今後の在り方等について触れた。塩素濃度の保持時間の国の基準は、2000年だと「1日2時間」であったが、02年に「通常」と変更になった。この変更の裏付けとなった行政調査と報告も詳述した。第3章では、浴槽での消毒剤の濃度管理による安全性と快適性について述べた。レジオネラ症の防止には、塩素濃度の保持が不可欠である。有効に殺菌するためには、塩素濃度の中でも遊離塩素濃度を正確に測定できることが重要である。しかし飲料水の遊離塩素濃度測定の基準はあっても、有機物を多く含む浴槽水の測定方法は確立されていなかった。そこで浴槽水の遊離残留塩素濃度の測定には、SBT試薬の方が適していることの論証を行った。また温泉水の殺菌に有効な二酸化塩素の濃度測定方法についても検証した。この他、浴槽水での塩素濃度の時系列変化、浴槽内での塩素濃度の分布等の実態調査結果から、快適性をできるだけ損なうことなく安全と衛生を保持するための塩素濃度管理の課題等を述べた。第4章では、入浴等による消毒剤の消失と入浴による汚濁について述べた。消毒剤の消失の中で、ヒトの入浴や気泡浴・超音波浴、ろ過器通過時によるものの実験して、解析して定量化をはかった。また入浴による消毒剤の消失実験に併せて、浴槽水の汚濁も同時に測定した。入浴環境の快適性を向上させるための浴槽水の必要換水量などについても述べた。第5章では、温泉の消毒と快適性について述べた。温泉の泉質の違いによって、適応する消毒剤が異なることが認められた。泉質にあった消毒剤を選定することは、温泉泉質の変化も少ないために、本来、温泉水の持つ「癒し」にとっても大切である。実際に温泉水に消毒剤を添加して、消毒剤の残留率の実験やレジオネラ属菌の不活化の実験を行ったので、結果と考察を述べた。
In the previous research, the principal objective of research on Legionnaires' disease prevention in engineering field was the securing of safety and sanitation. This research added the new point of view, the improvement of the comfort, to the maintenance of safety and sanitation. Chapter 1 is the result of investigation of laws, regulations and administrative direction after large break of Legionnaires' disease at public bathing facilities. In addition to this, it studied the difference of standard between Europe and the United States and Japan, and the backgrounds and main points of "Guideline for the Countermeasure to Legionella in the Bath Facilities" by The Society of Heating, Air-Conditioning and Sanitary Engineering of Japan. Chapter 2 presented the result of actual condition survey at social welfare facility bath, its analysis and problems to be solved. Additionally, it was examined in detail the official survey which led to change Minister for Health and Welfare criteria as to the length of time to maintain concentration of free chlorine in the bath water from "two hours a day" to "all the time". Chapter 3 is the scientific statement about the accurate on-site absorptiometric method to measure the concentration level of free chlorine and chlorine dioxide in bath water. And, Chapter 3 included field survey of water contamination, changes of free chlorine concentration, time series variation and distribution of bacteria like Lesionella at social welfare facilities, and its analysis. This survey was done because the management of residual disinfectant concentration in circulation type bath is very important as countermeasure against Legionnaires' disease. Chapter 4 described the changes of water quality and free residual chlorine concentration after bathing at laboratory experiment. It also considered necessary quantity of exchange water to maintain the bathwater quality. Chapter 5 described the disinfection of hot spring water and comfort. And, it examined the characteristic of disinfection consumption and the inactivation of Legionella by the difference of a hot spring water quality. Since the spring water contains much dissolved matter and various components, it is necessary to examine the disinfection method appropriate to each nature of spring as sanitary management technique when spring water is utilized as bath water.
続きを見る

本文情報を非表示

11_acknowledgment pdf 488 KB 436 謝辞
10_reference pdf 515 KB 510 引用文献
09_conclusion pdf 502 KB 614 第6章 まとめ
08_chapter5 pdf 911 KB 4,272 第5章 温泉の消毒と快適性
07_chapter4 pdf 1.0 MB 909 第4章 入浴等による消毒剤の消失と入浴による汚濁
06_chapter3 pdf 1.55 MB 5,577 第3章 浴槽での消毒剤の濃度管理による安全性と快適性
05_chapter2 pdf 1.51 MB 1,272 第2章 入浴施設の実態調査から見る課題
04_chapter1 pdf 900 KB 2,433 第1章 入浴施設での安全・衛生と快適性に関する 経緯・動向と課題
03_preface pdf 783 KB 798 序章 研究目的と背景、本論文の構成と概要
02_contents pdf 391 KB 378 目次
01_c01 pdf 389 KB 218 表紙

詳細

レコードID
査読有無
キーワード
報告番号
学位記番号
授与日(学位/助成/特許)
受理日
部局
登録日 2013.07.10
更新日 2020.10.09

この資料を見た人はこんな資料も見ています