<図書>
中将姫 上

タイトルヨミ
ローマ字ヨミ
その他のタイトル
巻号
本文言語
大きさ
巻冊数
形態
出版者
出版地
権利情報
注記
関連URI
概要 横本(15.5×23.2)袋綴。上巻は表紙、巻首本文(おそらくは一葉)、および挿絵一図を欠く。中巻は原表紙、紺地に金泥草花文様。原題簽(丹色、金泥草花)表紙中央に貼付、「ちうしやうひめ」と墨書。内題無し。本文料紙間合紙。挿絵上巻4図、中巻5図。墨付上巻16丁、中巻17丁、行間を等間隔に保つためしるした針の跡がある。尾題中巻末に「ちうしやうひめ中」。奥書・識語なし。中将姫伝説は、大和国当麻寺の縁起伝...承で、寺宝の曼陀羅迎講に関わる物語。横佩右大臣豊成の娘中将姫は、継母のため雲雀山に捨てられるが、武士に養育される。狩に来た父との再会ののち当麻寺で尼となり、化女と織姫に助けられ蓮糸で曼陀羅を織り、その功徳で往生を遂げる。本書は広島大、実践女子大、多久市立図書館等に蔵される近世初期の書写になる奈良絵本に近い体裁を持つが、本文はやや異なる。なお本冊子は損耗いちじるしく、袋綴じの折り目がほとんど切れた状態であるが、その結果挿絵の裏面に挿絵の順序を示すとおぼしき「ちうしやうひめ一(~九)」の指示が見いだされる箇所がある。画像にはその挿絵裏面も収録した。続きを見る
所蔵情報へのリンク

詳細

レコードID
画像データ作成年度
主題
アイテムID
カテゴリ
所蔵場所
所在記号
文庫名
関連HDL
時代・年代
登録日 2013.08.28
更新日 2021.03.09

この資料を見た人はこんな資料も見ています