<図書>
柳園詩稿 ; 翠蓋詩稿

タイトルヨミ
ローマ字ヨミ
責任表示
本文言語
大きさ
巻冊数
形態
出版者
出版年
出版地
バージョン
権利情報
注記
概要 著者は龍草廬の門弟。近江清水の造り酒屋に生まれ、のち京都に出て氏家柳園の婿となった。蓋山人と号す。『続近世畸人伝』に、「性飄逸、風韻有り」「晩年には王陽明の学を信じたり」と評される。本書後半は内題「翠蓋詩稿」とあり、京都・近江の名所旧跡について詠んだもの。図は、「草廬先生を追憶す」と題する漢詩(七言律詩)。「幽蘭零落して朱絃絶て/往時渺茫涙自づから垂る」(原漢文)とあるのは、草廬が主宰した幽蘭社の...行く末を見るに足る。 川平敏文2015(第56回中央図書館貴重文物展観図録)続きを見る
所蔵情報へのリンク

詳細

レコードID
著者
納入者(寄贈者)
画像データ作成年度
アイテムID
カテゴリ
所蔵場所
所在記号
文庫名
関連HDL
時代・年代
時代・年代(西暦)
登録日 2018.06.29
更新日 2021.06.18

この資料を見た人はこんな資料も見ています