<図書>
[上方摺物貼込帖]

タイトルヨミ
ローマ字ヨミ
責任表示
本文言語
大きさ
巻冊数
形態
出版者
出版地
バージョン
権利情報
注記
概要 上方の摺物14種を画帖大に切って貼り込んだもの。18世紀後半以降、好事家(狂歌連・俳諧愛好者・歌舞伎関係者等)による 趣味の版画「摺物」が盛行した。江戸は色紙版(21×19㎝)が中心だが、上方は奉書摺(39×53㎝)が主流で、のびやかな豪華さが醸し出される。図は文政元年(1818)秋、海老丸(初代沢村国太郎)の追善摺物。遊俳の風流人 富土卵、人気役者の嵐橘三郎(璃寛)らが句を寄せ、大坂の丹羽桃溪が...白蓮図を手掛ける。 高杉志緒2015(第56回中央図書館貴重文物展観図録)続きを見る
所蔵情報へのリンク

詳細

レコードID
著者
納入者(寄贈者)
画像データ作成年度
アイテムID
カテゴリ
所蔵場所
所在記号
文庫名
関連HDL
時代・年代
時代・年代(西暦)
登録日 2018.06.29
更新日 2021.11.01

この資料を見た人はこんな資料も見ています