<学術雑誌論文>
肥満細胞症(色素性蕁麻疹)におけるp16^〈INK4a〉の高発現

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The expression of p16^〈INK4a〉 has been reported to induce cell-cycle arrest and cellular senescence. The p16^〈INK4a〉 expression has never been examined in human mast cells and mastocytosis. We immunoh...istologically examined the expression of p16^〈INK4a〉 and tryptase in 5 normal human skin and 4 mastocytosis. In normal mast cells, only 5.9 ± 3.4 (mean±standard deviation)% of tryptase-positive mast cells coexpressed p16^〈INK4a〉. However, significantly higher percentage (86.0 ± 14.1%) of tryptase-positive tumor cells was immunoreactive to p16^〈INK4a〉 in all of 4 mastocytosis. The p16^〈INK4a〉 overexpression may induce the senescence of neoplastic mast cells to undergo spontaneous regression of mastocytosis.
p16^〈INK4a〉は細胞増殖を停止させ細胞老化を誘導することが知られている.ヒト肥満細胞および肥満細胞症におけるp16^〈INK4a〉の発現はこれまで検討されていない.我々は,5例の健常皮膚および4 例の肥満細胞症のp16^〈INK4a〉,トリプターゼの発現を免疫組織学的に検討した.健常皮膚では,トリプターゼ陽性の肥満細胞のうち5.9 ± 3.4%のみがp16^〈INK4a〉を発現していた.一方,肥満細胞症におけるトリプターゼ陽性肥満細胞のp16^〈INK4a〉発現率は86.0 ± 14.1 %にのぼり,健常肥満細胞にくらべ有意に高発現していた.肥満細胞症におけるp16^〈INK4a〉の高発現は,肥満細胞症を構成する腫瘍細胞の増殖を制御し,その自然消褪に関与しているかもしれない.
続きを見る

本文ファイル

p012 pdf 14.7 MB 286  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
関連PubMed ID
主題
タイプ
登録日 2016.05.19
更新日 2021.07.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています