<紀要論文>
アショー・チン語の音韻と文字

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連情報
概要 The Asho Chin language, also known as Khyang, belongs to the Kuki-Chin subgroup of Tibeto-Burman languages and is mainly spoken in western Myanmar. This paper aims to briefly overview the modern phono...logical system and orthography of the Asho Chin dialect spoken in Yangon, as well as to present its basic lexicon.続きを見る
目次 1. 使用地域と話者人口 2. 先行研究 3. 本稿で扱うデータ 4. 音韻 5. 文字 6. 基礎語彙

本文ファイル

p239 pdf 1.02 MB 174  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
注記
登録日 2015.07.21
更新日 2020.10.07

この資料を見た人はこんな資料も見ています