<紀要論文>
アクティブラーニングがもたらしたのは授業改善の推進か、それとも停滞か?

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 1. 問題の所在:授業改善を進めるための方策が授業改善を滞らせている可能性
2. 先行研究の状況:「手段が目的化する」原因は「アクティブ」という言葉の印象によるものだけか?
3. 本研究の課題:資質・能力育成に用いたアクティブ・ラーニングによる課題
4. 本研究の論証方法
5. 本研究で扱う資料/データ
6. 分析結果
7. 結論:資質・能力育成の問題とアクティブ・ラーニングによる課題との関係性

本文ファイル

pdf 22_p019 pdf 787 KB 1,663  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
登録日 2021.09.13
更新日 2021.09.13

この資料を見た人はこんな資料も見ています