<テクニカルレポート>
PFコイル電源制御プログラムの開発

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 応用力学研究所の核融合力学部門では、乱流プラズマに関する研究発展のためトーラスプラズマ生成装置(PLATO)を用いた物理実験を実施している。PLATO に搭載されたPF コイルに流す電流を制御するためには、PFコイル電源にパラメータおよび電流波形を設定し、充電開始指令を送る必要がある。本稿では、当該電源を制御するために開発したLabVIEWプログラムについて紹介する。

本文ファイル

pdf 03_p039 pdf 2.48 MB 335  

詳細

NCID
レコードID
主題
登録日 2021.07.16
更新日 2021.07.16

この資料を見た人はこんな資料も見ています