<紀要論文>
近代国家形成過程における都市エリートの学説史的検討 : 象と方法をめぐって

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに
1 近代国家形成史論とエリート研究
1-1 中世都市論と近代国家論一前提一
1-2 国家をめぐる都市一親和と対立―
1-3 都市と国家をめぐるエリート
(1) 都市エリートーその性格一
(2) 国家とエリートーその機能一
2 エリートと国家論をめぐるプロソポグラフィー
2-1 プロソポグラフィーの変遷と概要
2-2 プロソポグラフィーの限界
2-3 プロソポグラフィーの可能性
(1) 抽象的可能性
(2) エリート研究と国家論における意義
おわりに
続きを見る

本文ファイル

660506_p043 pdf 1.64 MB 31  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
登録日 2021.02.17
更新日 2022.02.18

この資料を見た人はこんな資料も見ています