<紀要論文>
水上勉『雁の寺』の本文異同 : 還俗した作家としての再出発

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 一、『雁の寺』について : 純文学と大衆文学の間
二、先行研究の整理と問題設定
三、本文異同の考察(1) : 作品の傷の解消
四、本文異同の考察(2) : 年代設定の誤記から見えるもの
五、本文異同の考察(3) : 潤純文学の志向
六、改稿による禅僧への注視
七、悟りと母恋の融合
八、遷俗した作家という自画像

本文ファイル

pdf p036 pdf 1.17 MB 430  

詳細

NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2020.11.26
更新日 2021.03.02

この資料を見た人はこんな資料も見ています