<紀要論文>
松本清張『霧の旗』における事件の語り方 : フィクションとノンフィクションの間に

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
会議情報
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 一、「霧の旗」の評価
二、一九五〇年代後期の時代背景と清張の創作活動
三、二つの殺人事件の問題
四、事件へのアプローチ
五、終わり

本文ファイル

pdf p032 pdf 314 KB 1,012  

詳細

NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2020.11.04
更新日 2021.03.25

この資料を見た人はこんな資料も見ています