<紀要論文>
世相繚乱、決起反逆 : 武田泰淳『風媒花』からみるインターナショナリズムのアポリア

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 一、問題の所在
二、中国との断層とインテリの知見
三、米軍占領終結期における日本の変容
四、文化的越境の現代性
五、米国と中国の狭間のなかで
六、むすびに

本文ファイル

pdf p031 pdf 490 KB 611  

詳細

NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2020.11.02
更新日 2021.03.02

この資料を見た人はこんな資料も見ています