<紀要論文>
監視・監督義務違反に基づく取締役の会社に対する責任について(六)

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 第四章 商法二六六条一項の意義-複数の任務懈怠取締役がいる場合 第五節 アメリカ法の分析 第六節 商法二六六条一項の意義 第五章 減責の可能性―複数の任務懈怠取締役がいる場合 第一節 予見可能性により賠償範囲が異なる可能性 第二節 「寄与度」による減責の可能性 第一款 民法上の議論の整理

本文情報を非表示

KJ00004316217 pdf 2.31 MB 303  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています