<紀要論文>
九州大学の食器類について

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 1935年以降に九州大学内で利用されていた多種類の食器が大学移転時に博物館によって収集された。その総数は308個で、器の形から20種類に分類した。器に書かれたシンボルマークと文字から、製作は一度に行われたものではなく、3~4期であると思われた。聞き取り調査の結果、すべて美濃・瀬戸地域で作られたものであることが判明した。
Since around 1935, many types of tablewa...re were utilized in Kyushu University. These were collected during the relocation of Kyushu University from Hakozaki campus to Ito campus. The number of tableware collected are 308 pieces and they are classified into 20 types according to its shapes. These tableware were produced in 3 or 4 times not once by the observation of symbol mark and words written on the tableware. And the interview survey revealed that the tableware have been produced in Mino-Seto area of Nagoya prefecture.続きを見る
目次 はじめに
食器の種類と総数
購入年代の推定と現存食器の種類
食器の購入年代について

本文ファイル

p115 pdf 4.02 MB 135  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
主題
登録日 2020.06.23
更新日 2021.03.18

この資料を見た人はこんな資料も見ています