<紀要論文>
クリスチャン・イェーガー「法におけるパラダイム転換としての敵 : 法治国家防衛のための手段としての敵味方刑法の存在と有用性について」

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連DOI
関連URI
関連情報
目次 〔翻訳者はしがき〕 Ⅰ. 敵味方刑法の着想 Ⅱ. 敵の概念 Ⅲ. 憲法と刑法解釈論という光の下での敵味方刑法の価値と現実 1. 敵味方刑法の温床としてのテロの脅威 2. 敵味方刑法の危険性 3. 敵味方刑法の存在について 4. 敵味方刑法の不十分な徴憑としての刑法保護の前倒しについて 5. 刑法におけるパラダイム転換の象徴としての実質的な非人格化 a) 犯罪の嫌疑と無罪推定の間で b) 予防と抑止の間で c) まれでしかない基本権への負荷と全般的な基本権への負荷との間で d) 十分な犯罪嫌疑と濃厚な犯罪嫌疑の間で e) 嫌疑と思い違いの間で Ⅳ. 結論 【参考条文】

本文ファイル

pdf p114 pdf 861 KB 1,171  

詳細

レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2013.04.17
更新日 2024.04.12

この資料を見た人はこんな資料も見ています